一般社団法人日本アンカー協会 上部メニュー
一般社団法人日本アンカー協会 JAPAN ANCHOR ASSOCIATION

お知らせ

平成17年度アンカー技術振興学術奨励制度研究助成

(平成17年11月16日)

 平成17年度のアンカー技術振興学術奨励制度による研究助成の募集に対して、応募申請期間(平成17年7月1日〜8月31日)内に11件の応募がありました。
 研究助成審査委員会(委員長:木村 孟 (独)大学評価・学位授与機構長)において審議された結果、研究助成の研究テーマとして、9件が「採択」と決定されました。
 

○研究助成採択の状況
区分 14年度 15年度 16年度 17年度
応募件数 3件 10件 17件 11件
助成件数 3件 7件 10件 9件
採択率 100% 70% 59% 82%
 
○平成17年度アンカー技術振興学術奨励制度研究助成・研究テーマ一覧
助成研究者 所属 研究テーマ
長岡技術科学大学
環境・建設系 教授
長大アンカー体の周面摩擦抵抗に関する研究
草深 守人 法政大学工学部都市環境デザイン工学科 教授 高度リサイクル型除去アンカー工法の開発とその力学特性に関する研究
谷 和夫 横浜国立大学大学院
工学研究院システムの創生部門 教授
グラウンドアンカーにおける急速載荷試験の適用性に関する研究
曽我 健一 ケンブリッジ大学工学部 講師 (Reader)地盤変形抑制のためのグラウンドアンカー :地盤−グラウト−アンカーの相互作用に関する研究
片田 敏行 武蔵工業大学工学部
都市基盤工学科 教授
地盤アンカーの地震時極限支持力機構の実験的解明
竹村 次朗 東京工業大学大学院
理工学研究科 助教授
グラウンドアンカー耐力に及ぼす環境外力としての地震力の影響に関する研究
S.リトルジョン ブラッドフォード大学
名誉教授
永久グラウンドアンカーエ法の維持管理試験、点検監視の応用技術に関する研究
清宮 理 早稲田大学理工学部
社会環境工学科 教授
グラウンドアンカーエ法による護岸構造物の移動防止効果に関する研究
太田 秀樹 東京工業大学大学院理工学研究科 教授 第3紀層分布地域における潜在弱面に起因する軟岩斜面すべりに対する対策としてのグラウンドアンカーの力学的効果に関する研究
Copyright(c)2000- Japan Anchor Association. All rights reserved.